広告代理店の打ち合わせ飯。どうせならUberEats(ウーバーイーツで)美味しいご飯を!

UberEats(ウーバーイーツ)で打ち合わせメシ!アイキャッチ。広告代理店関連

僕は広告代理店で働いているのですが、取引先とお昼ご飯を食べながら打ち合わせと言うことがたまにあります。取引先じゃなくても、社内の定例MTGで先輩から、弁当を頼んでおいて!って時もありますよね。

その時に頼む弁当の気が利いていると「おっ、こいつできるな!」と思われる&「普通のお弁当じゃないので気分も上がり」打ち合わせも上手くいく事があります。

やはり人間誰しもどうせなら、美味しいご飯を食べたいものですよね。

今日はそんな、広告代理店の打ち合わせ飯についてご紹介します。

通常、打ち合わせ飯って普通こんな感じ

普通のお弁当。画像

普通の打ち合わせ飯ってこんな感じ。あとはここに、お〜いお茶が紙パックで付いてくるみたいな感じが黄金の組み合わせでしょうか。もちろん、全然悪くないです、美味しいですし。

でも、週一とか、お昼ごはんMTGがあるような場合、ちょっと頻度が高くなって来て、飽きて来ますよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)で頼むとこんな感じ

よくある宅配弁当ではなく、UberEatsで頼むと、超おしゃれになります。

ウーバーイーツ。画像。

そもそもですが、UberEATSは、ハイヤー配車サービス「Uber(ウーバー)」が運営しているフードデリバリーサービスです。

アメリカの企業が提供するサービスなので、UberEATSも海外を中心に展開されていたサービスなのですが、2016年9月29日から日本でも使えるようになりました。

「色々な飲食店の料理を、スマホやPCからの注文で、お手軽に出前してくれるサービス」を提供しています。

ここのポイントは、いつもあなたが使ってるお気に入りのお店もウーバーイーツ登録がされていれば、スマホやPCから1クリックで配達してもらう事が出来ます。勿論有名レストランからもデリバリーかのう!

ちなみに出前と言えば、1店舗を選び、そのお店のメニューだけを選ぶことが一般的ですが、UberEats(ウーバーイーツ)では、色んなお店の料理を、まとめて出前で注文することも可能です。

なので例えば、こんな感じのランチを会社で取ることも出来ます。ピザからスイーツまで、少々離れていても、注文したらすぐに持って来て、パーティ気分を味わう事が出来ます。

ウーバーイーツで頼んだときの一例画像。

ウーバーイーツイメージ画像③

ウーバーイーツで頼んだときの画像②

勿論個人で利用する時にも便利です。僕は休日一歩も出たくない時に、よくUberEats(ウーバーイーツ)でマックを注文してます。笑。最近はチェーン店の加盟も増えていて、選択の幅が広がりましたね。

一回頼むと、宅配弁当ではなく、どこの店にする?と

日本だと、2019年12月現在、東京・横浜・埼玉・千葉・名古屋・大阪・京都・神戸・福岡など全国15都市以上にて展開中となっておりますが、徐々に日本全体に広がっています。次のサービス導入エリアは仙台とか札幌と言われてますね。

UberEats(ウーバーイーツ)のメリット・デメリットをまとめてみました。

UberEats(ウーバーイーツ)にもメリット・デメリットがあります。それを僕が使う限りで感じた事をまとめてみました。

UberEats(ウーバーイーツ)のデメリット

・お店で食べるより料金が高い(配達料金が乗っているためですね)

・利用エリアが現状やや狭い(地方まで展開出来ていない。)

デメリットと呼んでいいのかを迷いましたが、当然配達するための配送料金が載っているので、お店で食べるよりも少し高い設定になっています。

そりゃ好きな所まで運んでくれるので、配達料がかかるのは当然ですよね。配達料金が高すぎて頼めない!なんてことは起きないのでご安心ください。笑。

UberEats(ウーバーイーツ)のメリット

・注文確定から配達完了まで速く、今配達員がどこにいるかもアプリで分かる。
・商品の到着時間も分かる。
・スマホ一つで、たった一品の注文でも可能
・登録済みのクレジットカードで決済してくれるので、決済がとても簡単

いやー、便利です。UberEats(ウーバーイーツ)。僕なんかは家で一人の時とか、一歩も外に出たくなさすぎて、三食ウーバーイーツで頼んでしまうこともあるくらい。笑。

スマホ一つで決済が完了して、何分で届くのか?がすぐに分かるようになっているので、本当に便利です。

友達みんなで集まってパーティとかをするって時にも重宝しますよね。

どうでしょうか、是非登録して挑戦してみてください!

それでは^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました