【実体験】転職活動で、採用試験に落ちた時の心の持ち方/考え方

転職に落ちた時の考え方。アイキャッチ。転職

この記事では転職活動中で企業からお祈りメール、不採用の連絡貰った。すなわち落ちた心の保ち方について実体験をベースに記事にしてみました。

転職活動中の方。面接を受けた後、結果待ちの方にオススメの記事になっています。

メンタルの保ち方

就活/転職って落ちると凄い嫌な気持ちになりますよね。

能力はもちろん、自分自身の人間を否定されてる気がするというか。。。

「あんな短い時間で何がわかるんだよ、普段の俺の仕事を知らないくせに。」

「何も分かってないんかこいつ、それなら行かないよ」

くらいの。

僕自身、何度も受験を始め、就活や、転職試験で落ちてたので、凄く気持ちは分かります。

そんな時にどうメンタルを保つか、どう言う言葉で前向きに自分を鼓舞するのか、についてです。

人事尽くして天命を待て

こんなツイートをしてるくらい、僕はこの発想の元生きてます。


なぜ、こう思うようになったかと言うと、人生は縁で作られているなと言う人生観があるからです。

振り返ると、

自分が大学受験の時、第一志望に落ち、受かると言われてた滑り止めの学校も落ち。諦めていた二次試験で自分の知ってる問題しか出なく、倍率が10倍以上だったのに、奇跡的に受かると言うことがありました。

その受かった大学で、現在の嫁と出会い、結婚し、親友と出会い、新卒で広告代理店に入り、さらに転職しより上位の広告代理店に入ることが出来ました。

多分第一志望や滑り止めの大学に行ってたら今の自分は間違いなく居ないって断言できるほど。

この経験から、ある種自分ができることをやったら後は天が決めることなんだな、と言うことを思うようになりました。

本当にもっと簡単に言うと、

縁があるか無いか、本当それだけだと思います。

なので、受かったら縁があるし、受からなかったら縁がないだけ。

実力云々はほぼ関係ないです。

受からなかったら今のところで頑張れって神様が言ってる。

だから、今のところで頑張りましょ。

逆に言うと、受かったら今いる環境よりも、そっちに移った方が成長できるよ。って天が教えてくれてるんだと思います。

って言うマインドで生きると、まぁ縁がなかっただけか、自分自身成長できるようもっと頑張ろう。

マイナスで考えるのではなく、ポジティブに!

これ本当、激動の人生を生きる上で大事な考え方だと思います。

転職活動中に迷ったらこの考え方を思い出してください。

それでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました