【実体験】転職する時に揉めない人は、あんまりいない話

アイキャッチ画像。転職

転職が決まって、会社の上司に伝える瞬間って、とってもドキドキすると思います。何か嫌な事言われるんじゃないか・・・とか、物凄く引き止めに合うのではないか・・・とか。

そのご想像の通り、大体の人は会社から色々言われます。笑。

そんな時に持っておくべきマインドの持ち方と言われる事例について簡単に整理してきます。

どの業界に転職をするか?が結構大きい

今あなたがお勤めの会社から、どこの業界に行くのかによって、まず会社の対応は違ってくるのかなと思います。

大きく三つのパターンがあります。

①あなたの会社の競合になりうる会社に行くケース
②取引先になりうる会社に行くケース
③全く関係のない会社に行くケース

この三つについて見ていきましょう。

①あなたの会社の競合他社に転職するケース

僕はこのケースを経験してます。

恐らくですが一番辛いのがこの①かなと。大切に育てて来た(つもり)の子が出て行ってしまうので。しかも競合他社に。

お前なんてあそこに転職してもうまく行かない。とか、あることないこと、次の転職先について話して来たりします。

更に有給も沢山残っているはずなのに、使わせてくれないなどの嫌がらせを受けたりします。

でもそんなの誰しもが通る道です。それだけ自分が、その会社にとって転職して欲しくない人間だったと思うことにしましょう。

転職したとしても、少し期間が経てば人間なので、全然忘れて仲良くやっています。

こちら側の対応として、誠意と感謝を伝えることは忘れないようにしましょう。

②取引先になりうる会社に行くケース

多分ですが②の場合は、当然引き止めに合うことは間違いないと思いますが、馬頭されたりすることはないのかなと。

「お前を昇進させるつもりだった」とか、甘いお誘いがあるかもしれませんが、自分で決めた道だと思うので、しっかり断っていきましょう。

本当にそうなら、なんで早く言ってくれなかったの?と思いますよね、実際はその場しのぎの言葉だと考えても良いと思います。

③全く関係のない会社に行くケース

結局全く関係のない会社に行く場合も、①、②同様、色々言われると思います。

でもそんなの、会社の将来性など魅力が無かった方が悪いです。本当にいい会社だったら転職なんて検討しないですからね。

何も気にしない事が一番です。

立つ鳥後を濁さず

僕が辞める時に、その会社といろいろ揉めましたが、その時に転職して来ていた先輩からの一言がとても印象に残っています。

それは、「転職する時に揉めない奴なんていない。だってその会社でパフォーマンス出してたら、やめて欲しくないって思うのが普通でしょ?だから揉めれば揉めるほど、その会社に必要だった人材なんだよって思うことにしなよ」

って先輩から言っていただいたんですね。

立つ鳥、後を濁さずという言葉がありますが、出来る限り濁さないように出て行く。と言うの転職時の正しい心の持ち方なのかなって思います。人が一人辞めると言うのは会社にとっては損失になるので。

但し、その会社にお世話になったことは事実だったりしますので、礼節を持って、感謝を伝えつつ、次のフェーズへと向かいましょう。

それではこんなところで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました